自宅でシャンプー

アイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. アイリスペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫のからだ・お手入れ
  4. トリマーさんが教える猫のトリミング講座
  5. 自宅でシャンプー

トリマーさんが教える猫のトリミング講座

自宅でシャンプー

写真

水を怖がらない猫におすすめ!
シャンプーの方法やブローの仕方など、
自宅でできるシャンプーでのお手入れをご紹介します。

1.シャンプーの前に

汚れを落としやすくするため、毛のもつれなどをとかしておきます。
ブラッシングについては「自宅でブラッシング」をご覧下さい。

<体を濡らす(シャンプーの前に)>
後ろの方からお湯をかけます。お湯の温度はぬるめに。水がはじかないようにシャワー口は
地肌に近づけて流します。

写真

<ワンポイントアドバイス>
水音に注意!
・ネコは音に敏感なので、シャワーを出した時の「シャーッ」という音はネコが怒った時の威嚇の声「シャーッ!」と同じ音の高さなので、猫が嫌がって逃げてしまいます。
かけるお湯は ”チョロチョロ”がいい!
・お風呂に連れて行く前にお湯を出して音に慣れさせておくことが大事です。

頭を洗う時は耳を手でおさえて
・ゆっくりとお湯をかけます。
・目・鼻にはお湯を入れない!
目は特にデリケートな部分なので要注意!

写真

2.シャンプー

ネコはオイリーなのでシャンプーは2度洗い、リンスはしなくてもOKです!
(1)前洗い
(2)本洗い

シャンプーその前に!
温かいシャンプー液をつくります。まず、シャンプーにお湯を入れるなどして人肌くらいにあたためます。
→シャンプー液をかけたとき、ネコがビックリしないようにするため。

【前洗い】
シャンプーを全体にかけて、まんべんなく体に軽くなじませてから一回流します。

写真

【本洗い】
洗い方の順番は、頭→体→足→しっぽの順番に洗っていきます。

写真

写真
頭も容赦なく洗われるトンコ

【洗い方】
もみ洗いをするように、両手を使って毛の流れに逆らって洗います。
爪を立てないで、手でブラッシングするイメージで、手のひらで確かめながら洗っていきます。手のひらが滑らかな手触りだったらOK。
洗う時は、ネコの骨にあたらないように注意しましょう。
特に手の甲あたりが猫は苦手のようです。

ネコを怒らせないように、あまりしつこく洗わないのもポイントの一つ。

写真

3.すすぎ

【すすぐ順番】
頭→体→足の順番に上から下へ流します。
すすぎ方については、シャンプーの前にを参考にしてください。

写真

【念入りにすすぐところ】
お腹の毛と背中の毛との境目…シャンプーがたまりやすいところなので注意しましょう。毛の間にたまったシャンプーを充分に洗い流します。

猫を動かすのではなく、自分の体をネコに合わせて動かすようにするとネコもあまり嫌がらず、スムーズにできるかも。

写真
洗いあがりのトンコ。なんだか、かわいそうな姿になっちゃった…。

4.ブロー

【タオルドライ】
乾かす時間が短くてすむので、タオルで水気はふき取ってあげるように、念入りによく拭いてあげます。

写真

【ドライヤー】
普段から音には慣れさせておいた方がいいです。 (基本的にネコは嫌いなので)
手ぐしをしながら、乾かしてもOKです。(道具を使うと骨にブラシが当たり、嫌がります)

写真

<ワンポイントアドバイス>
・ドライヤーは30センチ以上離して乾かす事。 (ヤケドしてしまう恐れがあります。)
・毛並みに合わせるようにドライヤーを当てていきます。
乾かすのを嫌がって逃げてしまった時はあきらめずにがんばって乾かしましょう。
体が冷えて風邪を引いたり、毛玉の原因になることもあります。

【仕上げのブラッシング】
残っている毛を取ってあげるようにブラッシングをして完成!!

<その他ワンポイントアドバイス>
ドライヤーの時など、猫をのせる台があると作業がしやすいのでおすすめです。(洗濯機の上、机にシートをかけてあげるなど)
理由は・・・
・飼い主の姿勢が悪くなる。
・逃げられやすくなる。
・ネコの恐怖心をあおるなど。
(上から押さえ付けるようになってしまうので)
一番のポイントは、ネコをなだめすかしつつ、ネコとの駆け引きをうまくやることです。

▲このページのトップへ

おすすめコンテンツ

▲このページのトップへ

≪トリマーさんが教える猫のトリミング講座のトップへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。