お手入れ前、こんな症状があれば要チェック!

アイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. アイリスペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫のからだ・お手入れ
  4. トリマーさんが教える猫のトリミング講座
  5. お手入れ前、こんな症状があれば要チェック!

トリマーさんが教える猫のトリミング講座

お手入れ前、こんな症状があれば要チェック!

写真

定期的なお手入れをすることで、猫の変化に敏感になり、病気の早期発見に繋がります。
お手入れ時に気づきやすい症状をご紹介します。

1.ブラッシング、シャンプーを控える症状

以下のような様子・症状が見られる場合はお手入れは中止して、速やかに獣医師に見せるようにしましょう。

<こんな様子が見られたらブラッシングは控えましょう>
・体をやたら痒がる
・部分的に毛が抜けている
・ふけが多い
・皮膚の炎症が見られる(腫れている、赤くなっている、ただれているなど)

写真

<こんな様子が見られたときはシャンプーなどは控えましょう>
・食欲がない
・体をやたら痒がる
・便が異常な時(下痢など)
・部分的に毛が抜けている
・ふけが多い
・皮膚の炎症が見られる(腫れている、赤くなっている、ただれているなど)
・嘔吐した
・呼吸が荒い

写真

2.耳のお手入れ、歯磨きを控える症状

<こんな様子が見られたら耳のお手入れは控えましょう>
・耳だれがでる
・耳をやたら痒がる
・耳の中が異常に臭う

<こんな様子が見られたら歯磨きなどは控えましょう>
・よだれが流れ出ている
・口元より出血が見られる
・口が異常に臭い

3.春に向けてお手入れチェック

暖かい季節。
愛猫の毛が抜け替わる時期は、お手入れにうってつけです。
身体をケアしてついでに、ほかの部分もチェックしてあげてくださいね!

(1)被毛
・被毛が汚れていませんか? 「自宅でシャンプー」へGO!
・毛玉ができていませんか?
(胸、脇、お腹) 「毛玉にならないお手入れ方法」へGO!
・身体をなでると毛が手にいっぱいついてくる 「自宅でブラッシング」へGO!

(2)爪
・爪が伸びすぎていませんか?
・前回爪を切ってから1ヶ月以上経っていませんか? 「爪きり」へGO!

(3)耳
・中を見ると汚れていませんか?
・耳の中が臭いませんか?
・猫が耳を頻繁に掻いていませんか? 「耳掃除」へGO!

(4)目
・目やにが出る量が多いですか?
(透明な目やに、黄緑色の目やにがでていませんか?)
・涙が出ていますか?
・「涙やけ」になっていませんか? 「目のお手入れについて」へGO!

(5)口
・口臭はありませんか?
・歯が汚れてはいませんか?
・歯石は付いていますか? 「猫の歯磨きについて」へGO!

異常が見られる場合は、速やかに動物病院に連れて行ってあげましょう。

▲このページのトップへ

おすすめコンテンツ

▲このページのトップへ

≪トリマーさんが教える猫のトリミング講座のトップへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。