猫のブドウ膜炎

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. 猫のブドウ膜炎

病名から調べる猫の病気

猫のブドウ膜炎

にゃんこ先生

眼にあるブドウ膜とは、瞳の周り(猫の場合、金色やブルーなどの部分=虹彩)とその周辺の組織(毛様体・脈絡膜)のことです。ブドウ膜炎とはブドウ膜の一部または全部に炎症が起こる病気です。

原因

<主な原因>

外傷 棘や引っかき傷によるもの
感染症 FIP(猫伝染性腹膜炎ウイルス)、FeLV(猫白血病ウイルス) 、FIV(猫エイズウイルス)、トキソプラズマ、クリプトコックス、全身性真菌感染症、結核菌など
腫瘍 リンパ腫など
過敏症 強いアレルギーによるもの
特発性
(突発性)
何の前触れもなく、突然発症する
<その他の原因>
ぶどう膜は眼球の他の部分に比べて血管が多いため、炎症の原因がぶどう膜そのものにある場合だけでなく、血液の流れと関係して全身のほかの臓器に起こった炎症に伴ってぶどう膜炎が起こることもあります。

猫で最も気を付けるべきなのはFIP(猫伝染性腹膜炎ウイルス)が原因のブドウ膜炎です。突発的にブドウ膜炎がおきた場合はFIPの発症を疑わなくてはいけません。

症状

ぶどう膜炎は片方の眼だけに発病することも両眼に症状が現れることもあります。

<主な症状>
縮瞳(瞳孔が小さくなる)、結膜(白目)の充血、眼圧の低下(眼房水が作られないため)、虹彩色調の変化、虹彩腫脹、角膜に炎症細胞の沈着、鈍痛など。

炎症が網膜に及んで網膜剥離が起こったり、続いて白内障や緑内障が起こる場合もあります。

診断

・身体検査 ・眼科検査 ・血液検査

治療

治療は原因に応じて行います。
炎症を抑えるためにステロイドを使い、また虹彩と水晶体の癒着を防ぐために散瞳薬を使います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。