猫の血小板減少症

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. 猫の血小板減少症

病名から調べる猫の病気

猫の血小板減少症

にゃんこ先生

血小板数が正常範囲以下に減少するため、出血が止まらなくなる病気です。

血小板について解説

血小板は骨髄で作られて血液中に放出され、7日ほど循環します。
正常の状態では血小板の産生量と除去量は等しく、さらに脾臓で貯蔵されるため、血小板数は安定しています。

原因

・遺伝や骨髄内の腫瘍による血小板産生の低下
・自己免疫や薬物による血小板の破壊
・出血による血小板消費量の増加

症状

・皮膚や粘膜の内出血
・傷からの持続性の出血
・血便
・血尿
・吐血
・眼出血
・肝臓や脾臓の腫大
・粘膜蒼白
・呼吸困難・咳
・心雑音
・発熱

診断

血小板が減少する、元となる病気を探します。
・血液検査
・尿検査
・X線検査や超音波検査。

治療

原因により治療法が異なりますが、ステロイド、抗生物質、抗がん剤、ヘパリンなどを使用します。.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。