地震から猫を守る〜猫のための安全対策〜

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 地震から猫を守る〜猫のための安全対策〜

猫の地震・災害・事故について

地震から猫を守る〜猫のための安全対策〜

イラスト

相次ぐ地震の影響で、ペットに対する防災意識が高まっています。
いざ避難する時のために、キャットフードを多めに準備しておいたり、
あらかじめキャリーに慣らしておいたり…。
もちろん、それも大切だけれど、いざ大地震が起きた時の、猫の身の安全を守る対策はとっていますか?
今回は、猫の身を守るための、安全な環境づくりを考えてみましょう。

1.猫を守れるのは飼い主さんだけ

はじめに、大地震などの大きな災害から猫の命を守れるのは、飼い主さんだけだということを自覚しましょう。猫の衣・食・住が飼い主さんの手に委ねられているのと同じように、猫の安全も、飼い主さんの手に委ねられています。いざ大地震という時、猫は無事でいられるのか?…飼い主さんの準備次第で、猫の安全性を高めることができるはずです。

そして、猫の命を守るためには、飼い主さん自身の安全を確保しておかなければならない、ということも忘れないでください。

イラスト

地震による一番の危険は、「建物の倒壊」と「家具の転倒」と言われています。

「建物の倒壊」はズバリ、建物の強度がポイント。建物を地震に耐えうる、丈夫な構造にしておくことが最も重要です。そのためには、建物の耐震診断をしてもらい、(必要があれば)補強工事を施さなければならず、「今すぐ実行するのは難しい」という方も多いはず。

そこで今回は、家具の転倒を防ぐ事を中心とした、室内の安全性を高めることを中心に見ていきたいと思います。

▲このページのトップへ

2.家具の転倒防止・配置の見直し

大きなタンスなどが転倒すると、猫だけではなく人にとっても大変危険です。家具の配置を見直し、転倒防止のために固定しましょう。「うちの猫はいつもタンスの上で寝ている…」なんて人は特に注意してください。

イラスト

背の高い家具を置かないことが理想ですが、狭い家なので無理…という方もいるでしょう。その場合は、あらかじめ転倒防止策をとりましょう。また、背の高い家具ばかりを、人や猫の出入りが少ない1部屋に集めて置いておく方法もあります。

家具転倒防止用品はこちら≫

<猫居場所のそばに背の高い家具を置かない>
家具に転倒防止策をとっていても、引き出しが飛び出したり、中身が飛び散ったりする危険があるので、背の高い家具は猫の居場所のそばに置かない方がいいでしょう。

イラスト

<棚の上に重いものを乗せない>
棚の上にテレビを置いたり、花瓶を置いたりするのは非常に危険です。大きな揺れによって落ちたり、飛んで猫や人を直撃する可能性もあります。また、棚に物を収納する際は、重い物を下に、軽いものを上に持ってくるようにしましょう。

<ガラスの飛散に注意!>
ガラスは割れると遠くまで飛ぶので大変危険です。窓ガラス、食器棚の扉などにはガラス飛散防止フィルムを貼るなどの対策をとりましょう。また、念のために猫の居場所はガラスのある場所から離れたところにしておきましょう。

3.猫の生活アイテムの安全対策

<猫用ケージの安全対策>
猫の居場所であるケージも家具と同じように、金具などによって固定しましょう。また、ケージを棚の上に置いたりするのはやめましょう。大きな揺れによってケージごと落下する可能性があり、大変危険です。

<キャットランドの安全対策>
高い場所が大好きな猫のためにキャットランド等を設置している人も多いはず。据え置きタイプよりも、固定できる天井突っ張りタイプの方が安心です。しかし天井突っ張りタイプを使用していても、猫が激しくジャンプすることによって柱が傾いたりすることもありますので、定期的に安定性を確認しましょう。

イラスト

▲このページのトップへ

最後に…
猫のための安全対策を見てきましたが、いかがでしたか?大掛かりなことばかりではなく、ちょっとした配置の工夫だけでも、安全性を高められます。大地震は、いつどこに起きるかわかりません。だからこそ、できることから今すぐ準備を始めましょう。猫を守ってあげられるのは、飼い主さんだけなのですから。

おすすめコンテンツ

▲このページのトップへ

≪猫の地震・災害・事故についてのトップへ戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。