1. アイリスペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫のからだ・お手入れ
  4. カンタン!おうちでにゃんこケア

カンタン!おうちでにゃんこケア

  • ふぅ1217さんちのなつめくん
  • ごさく13さんちのすずとぽんちゃん

自宅でシャンプーしたり、爪きりしたり・・・なかなか上手くケアしてあげられない方も多いのではないでしょうか。特に猫ちゃんの抜け毛が気になるこの季節、自宅で簡単にお手入れできる方法をアドバイスします。飼い主さんも快適に過ごすことができますよ。

春から夏にかけてのこの季節は、「抜け毛」が特に気になりますね。
そこで、自宅で出来る簡単お手入れのアドバイスをご紹介します。

抜け毛ポイントをしっかりブラッシング

ブラッシングをしても、抜け毛が目立つ、毛玉が出来るというお悩みは猫ちゃんにはつきものですね。
そこでプロのトリマーから、ワンポイントアドバイス!

ブラシをかけるポイント

<ここがポイント>

ブラシをかけるポイントは
1.お腹のまわり
2.尻尾のつけ根
3.内股
4.首回り

この部分は抜け毛がたまりやすく、毛玉ができやすい部分ですので、ブラッシングをする時には、背中だけでなく、これらの「ブラッシングポイント」をしっかりとブラッシングしましょう。

猫ちゃんがリラックスしているタイミングで、短時間に1回1ケ所を目安にこまめにブラッシングを続けましょう。

毛玉やもつれをほどくときは、絶対に毛を強くひっぱったり、ブラシを強く押し当てたりせずにそっとブラッシングをしましょう。

ワンポイントアドバイス

  • 嫌がって逃げてしまう時には、お気に入りのおもちゃやおやつを片手に持ち、もう片方の手でブラッシングを進めましょう。おもちゃやおやつで気をそらしながら、さっとお手入れを。
  • ブラッシングを終わらせる目安は、コームでとかした時に、毛の引っ掛かりがなくなり、コームに抜け毛の束がつかなくなったら、完了のサインです。
  • 強くブラシを当てたり、無理にブラッシングを続けると猫ちゃんは次からブラッシングを嫌がってしまいます。そっと、撫でるようにブラシやコームは使いましょう。
  • 短い毛の猫ちゃんにはこのタイプのブラシがおすすめです。
  • 毛の長い猫ちゃんにはこのタイプのブラシがおすすめです。
  • とらのあずきさんちのあずきくん
  • Ariel01さんちのシフォンちゃん

上手にブラッシングをしてあげれば、にゃんこちゃんも気持ちよくなってくれるのではないでしょうか。

トリマーさんが教える 猫のトリミング講座
アイリスプラザ ニャンコが喜ぶ猫グッズがいっぱい!

▲このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。