1. アイリスペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の熱中症予防ガイド

猫の熱中症予防ガイド

猫は寒がりのイメージが強く、暑さに対して特別な配慮したことがない人も多いと思いますが、近年夏の異常な高温で体調を崩すケースが増えてきました。今回は熱中症について考えてみたいと思います。

猫の熱中症とは

暑さにより体温調節が出来なくなる機能障害のことです。人間の場合ですと気温26℃以上、湿度90%から厳重警戒という指針があります。
猫の体温も気温や湿度の上昇につれて上がりますが、健康であれば体の調節機能が働き、体温を一定に保つことができます。ところが気温が体温より高く、湿度で熱の発散効率が下がると体温調節がうまくいかなくなってしまいます。そうなると体温の上昇が押さえらなくなり、症状が重くなると脳や内臓に大きなダメージを受けてしまいます。
猫の汗腺は犬と同じく肉球の回りにあるだけで、汗で体温を下げることが出来ません。熱中症は風のない、熱気のこもった室内で起こるケースが多く、室内で飼われることの多い猫の管理に注意が必要となります。

熱中症の症状

◆軽い症状としては、なんとなく元気がなく、平常時に比べ呼吸がやや早くなります。症状が進むと犬のように口を開け、舌を出した激しい呼吸になります。 熱中症の症状

◆目や口の中の粘膜が充血し始め、体に触れると普段より明らかに熱いと感じます。(猫の平熱は38℃くらい・異常時になると40℃を超えます。)

◆ふらついて歩けなくなったり、嘔吐や下痢が起こる場合もあり、さらに症状が進むと、けいれんや意識がもうろうとして声をかけても反応しなくなります。さらに症状が進んでしまうと血圧が低下して舌や口の中など粘膜が紫色に変わり、体温が下がらなければ臓器が損傷を受け、命が危うくなります。

熱中症を起こしやすい猫種・条件

<起こしやすい猫>

◆ペルシャ、エキゾチックショートヘア、 スコティッシュフォールドなどの鼻が低い品種
口吻(マズル)が短い猫種 ペルシャ スコティッシュフォールド

◆脂肪を蓄えやすく放熱効率が低いアメリカンショートヘア
アメリカンショートヘア アメリカンショートヘア

◆被毛の厚い長毛品種
被毛の厚い長毛品種

◆老猫、仔猫、手術や怪我などで療養中の猫、心臓や呼吸器に疾患のある猫、肥満の猫
老猫、仔猫、手術や怪我などで療養中の猫、心臓や呼吸器に疾患のある猫、肥満の猫

症状から調べる猫の病気

猫用品

▲このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。