1. アイリスペットどっとコム
  2. 猫といっしょ
  3. 猫の肥満注意報!

猫の肥満注意報!

ペットフード売り場へ行くと、カロリーコントロールを配慮したフードが数多く並んでいます。商品の占める割合を見ると、多くの飼い主さんが愛猫の体重の管理に気を遣っていることが分かります。今回は猫の肥満対策について考えてみましょう。

太り出すきっかけ

成長期の仔猫はよく遊び、体も日増しに成長していくので、室内飼育であってもエネルギーはどんどん消費されます。しかしシニア世代に近づくと、仔猫のような激しい遊びもしなくなり、一日の殆どを寝ているか、のんびり寛いで過ごします。
加齢とともに代謝が落ちるので、それにつれて体脂肪も増えていきます。

外へ出ることもなく、室内という安全で快適な環境におかれてしまうと、さらにエネルギーの消費が押さえられてしまいます。

エネルギーの消費

可愛さのあまり、つい人間の食べ物やおやつを与えていませんか?

置き餌も、目分量で適当に置かず、一日の必要量にとどめておきましょう。
多頭飼育の場合は、仲間の分まで食べる者が現れますので、猫たちの行動をよく把握しておいてください。餌の横取りがあれば、食事場所をわけて、食べ残しは片付けるなどの配慮が必要です。

横取りに注意

避妊去勢もホルモンバランスの崩れから、肥満を起こす原因とされています。遺伝的な体質的により、太りやすい猫もいます。

引っ越しや同居ペットとの不和など、飼育環境からくるストレスで過食に走る猫もいます。身の回りに変わったことが起きていませんか?

発症頻度は少ないですが、甲状腺機能低下症、クッシング症候群など内分泌系の病気が原因で太る場合があります。

猫は痩せにくい

猫の先祖、リビアヤマネコが獲物を得る方法はエネルギー消費を極力抑えた待ち伏せ型です。獲物の乏しい砂漠地帯で長時間獲物を捜し回るのはエネルギーの無駄遣いになるからです。家猫となった今でも、無駄な労力を避ける生活スタイルは変わっていません。
常に省エネモードで生活している猫に、餌がふんだんにある快適な環境を与えれば太るのは目に見えています。市販のフードは現代の猫の生活事情に合わせた栄養配合になっていますが、猫は体が小さいので、少量ずつであっても与え過ぎであれば着実に太っていきます。

体が重くなれば、動くことが億劫になり、体を動かすのは食べる時と排泄行為だけになってしまいます。犬は運動を好みますし、リーダーである飼い主に従おうとするので、減量のためのプログラムにも喜んでつきあいます。しかし猫は主従関係を持たず、人間とは対等の立場であるため、従わせるのは困難です。

猫は非協力的です。

歩くのもやっとなくらいに肥大してしまった猫は、元に戻すのが非常に難しく、寝ている時間が多いために代謝も抑えられ、療法食を与えてもなかなか痩せません。ダイエットには半年や1年あまりという長い時間と根気が必要になります。

また、太っている方が可愛いという風潮や、デブ猫コンテストを開催したり、太っていることをキャラクターとして売り物にするメディアもあるため、後ろめたさを感じていない飼い主も存在します。確かに、ふっくらとした猫は福々しくて可愛いですが、それにも限度というものがあります。

肥満とされる数値は適正体重の15%増からです。この15%を超えると、体のあちこちにトラブルが発生し始めます。

適正体重は成長が止まる満1歳あたりの数値を基準としますが、大型で成長の緩やかな品種は体が出来上がるのに2年以上かかる場合があります。分からない場合は獣医さんの判断を仰ぎましょう。

▲このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。