第五回 猫の健康管理について

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 猫といっしょ
  1. 第五回 猫の健康管理について
第五回 猫の健康管理について

第五回猫の健康管理について
〜猫のために気を付けていることは?〜

あなたの日常に現れた憎めないあの子。今ある幸せも猫がいるから感じられる。
そんな幸せいっぱいのみなさんにアンケートを実施!
猫との出会いやどんな時に幸せを感じるのか、
人気ブロガーさんや会員のみなさんの幸せエピソードをご紹介します。
第五回は愛猫の健康管理について。
いつまでも長生きして欲しいと思っているみなさんのエピソードをご紹介します。

Q.愛猫の健康管理で気を付けていることは?

愛猫の健康管理で気を付けていることのグラフ

第1位はペットフードにこだわる!

「ペットフードにこだわる」「食事制限をする」など、健康管理について上位を占めたのは食事に関することでした。
室内飼育が多い猫ちゃんにとって、肥満の原因は食べすぎによるところが多く、飼い主さんも食事には気を付けているようです。
また、「飼育環境を整える」を選んだ方の意見として、キャットランドのように家具に高低差をつけて、運動できるようにしている方もいらっしゃいました。食事の管理と運動の管理を両立して、猫ちゃんにはいつまでも健康でいて欲しいですね☆
ここからはみなさんのエピソードをご紹介します!

会員さんのエピソード

食事編 運動・セルフチェック編

食事編

  • ハンドルネーム:
    すぎみきさん
    愛猫:
    シュトーレン
    シュトーレン

    カリカリをベースとして、いろいろな味のウェットで栄養バランスの調整をしています。ウェットを好みますが、カリカリは歯石のことを考えて絶対あげるようにしています。太ったなと思ったら食事量を減らすようにしています。

  • ハンドルネーム:
    nochanさん
    愛猫:
    CHAMP
    CHAMP

    フードの好き嫌いがあり、嫌いなフードだと「これじゃない」と言って私の手足に噛り付いてきます。好きなフードは1日中食べている感じで体重管理が大変です。雄猫なので体格も大きいですが、体重増加は全ての病気の元なのでフードの管理に一番気をつけています。

  • ハンドルネーム:
    さとりさん
    愛猫:
    ソラ
    ソラ

    子供の頃は自分のものはもちろん、人間の食べ物も盗み食いするような大食感だった我が家の猫ですが、ある時期から好き嫌いが激しくなりすっかり小食に。食べてくれるカリカリやオヤツの種類は少ないですが、またたびの粉末などを少量混ぜたりして、何とか適度に食べてもらって体重が大きく変動しないよう気を付けています。

  • ハンドルネーム:
    そとねこさん
    愛猫:
    もも、しまきち、ゆめた、ふく
    もも、しまきち、ゆめた、ふく

    多頭飼いは誰がどれだけフードを食べたか把握が難しいです。それぞれ専用のタッパーを用意して、個々に合ったフードを毎日計量して用意しています。1回で食べ切れる量を与えて横取りを防いでいます。その他、家族の誰が与えても把握ができるので便利です。

運動・セルフチェック編

  • ハンドルネーム:
    mktmさん
    愛猫:
    とろろ、モアナ、富士丸
    とろろ、モアナ、富士丸

    毎日コミュニケーションを取りながら、変わった所がないかチェックしています。

  • ハンドルネーム:
    ふぅちゃんママさん
    愛猫:
    フジ子(ふぅちゃん)
    フジ子(ふぅちゃん)

    全ての穴を週に最低二回は嗅ぐ(笑)週に最低1回はブラッシング・うんちのチェック・おしっこの回数もチェック。スキンシップを兼ねてのしこりなど無いかのボディチェック。

  • ハンドルネーム:
    ぽこさとさん
    愛猫:
    りお

    基本的なお世話を主に行っていますが、特にストレスを溜めない事に気を付けています。うちは完全室内の単独飼いです。仕事で留守にすることも多く、平日の昼間はお留守番です。留守番時はコードの噛み癖や誤飲の心配があるためケージの中で過ごしています。ですので帰宅後は大好きなおもちゃで10分は遊びます。1日に最低でも2回は5分以上の遊びをし、運動不足の解消とストレスの発散をさせています。
    留守番時以外はケージは開けっ放しです。室内は家具の配置でうまく段差をつけ、高い家具の上にも行けるようにしています。また、エサは少量ずつ1日約5〜6回に分けて与え、食べ過ぎによる吐き戻しを防止しています。そのため、ほとんど吐いたことがありません。おやつは水分量の多いスープ状の物を与え、水分不足にならないよう、ぬるま湯も与えています。

  • ハンドルネーム:
    godotさん
    愛猫:
    Dear & Layla
    虎太郎・小春

    ・排便、排尿チェック(システムトイレの下には、メーカー仕様の物では無く白色シーツを敷き、尿の色、ストルバイトの有無を確認)
    ・直接手でなで回し、マッサージ擬きをしつつ、被毛・色つや等のチェック。
    ・新生児用の極小シリコン歯ブラシで、遊びながら歯磨き。
    ・プレミアムフードを目的別に組み合わせて給仕。
    ・一年に一回、ワクチン時に猫ドッグ(血液・心臓エコー検査など)
    ・何より、一緒に居られる日にはクタクタになるまで(相手が飽きるまで)話しかけ、遊ぶ事。

「うにのうにっき動画」連載 うにくんの健康管理は?

「うにのうにっき動画」連載 うにくんの健康管理は?
今日は昨日と違うところはないか、猫たちを毎日細かく観察するようにしています。
歩き方が何となくヘンとか、ゴハンを食べる量がちょっとだけ少ないとか、そのくらいの小さな『ん?』という違和感でも、具合が悪くなる前のサインであることがよくあるので。
うにともーちゃんのようなシニア世代は、小さな変化の段階で気付かないと、ガクッと体調を崩すことがあるので特に気をつけてみておりますよ(・∀・)
編集部より
人間同様愛猫の健康管理をみなさんしっかりやられているようですね!体を触ってあげたり、体重を測ってあげたり・・・、小さな子供のように飼い主さんが管理してあげないと、猫ちゃんも健康を維持することができません!これからも、しっかり管理してあげてくださいね☆

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。