1. 【分野別で調べる】目、目色

猫に関する専門用語 猫用語事典 目、目色

【アイカラー】
あいからー
アイカラーとは、目色のこと。遺伝子の組み合わせによって目色は変わると言われています。
関連用語: アンバー カッパー ヘーゼル
【アイシャドウ】
あいしゃどう
アイシャドウとは、まぶたの縁の黒い線のこと。アイライン・マスカラとも呼ばれる。
関連用語: アイライン マスカラ
【アイライン】
あいらいん
アイラインとは、まぶたの縁の黒い線のこと。アイシャドウ・マスカラとも呼ばれる。
関連用語: アイシャドウ マスカラ
【アンバー】
あんばー
アンバーとは、猫の目色の一種。カッパー(赤銅色)よりも薄い琥珀色のこと。
関連用語: アイカラー カッパー ヘーゼル
【アーモンドアイ】
あーもんどあい
アーモンドアイとは、アーモンドの実の形のような楕円形で目尻が上がっている目形のこと。
≪猫用語事典トップに戻る
【ウォルナット】
うぉるなっと
ウォルナットとは、目の形状の種類のことで、クルミのような丸みのある目の形を指す。正円を若干押しつぶしたような形。
関連用語: オーバル(オバール) ラウンドシェープ(ラウンド)
【オッドアイ】
おっどあい
オッドアイとは、左右の目の色が異なること。白色の猫に見られる。目の色は一方がブルー、一方がオレンジもしくはカッパー。
【オーバル(オバール)】
おーばる(おばーる)
オーバル(オバール)とは、目の形状の種類のことで、卵のような目の形を指す。楕円もしくは長円の目のこと。
関連用語: ウォルナット ラウンドシェープ(ラウンド)
【カッパー】
かっぱー
カッパーとは、猫の目色の一種。濃いオレンジ色(赤銅色)のこと。
関連用語: アイカラー アンバー ヘーゼル
【クロスアイ 】
くろすあい
クロスアイとは、両眼の視線が見る目標に向かわず、視線がそろわないこと。遺伝性が非常に強く、たまにシャムに見られます。キャットショーでは減点の対象になります。
≪猫用語事典トップに戻る
【瞬膜】
しゅんまく
瞬膜とは、上下まぶたの内側にある白い膜を指します。普段は奥に引っ込んでいますが、異物などが目に入そうになると一瞬で目を覆い、角膜を守ってくれます。別名、第三眼瞼(がんけん)とも呼ばれます。
【タペタム】
たぺたむ
タペタムとは、網膜の裏側にある組織層のこと。一度網膜を通り過ぎた光を反射させ、再度網膜に当てる役目をしている。わずかな明かりでも猫が行動できるのはこのタペタムがあるため。また、フラッシュをたいて猫の写真を撮ると目が光って写る事があるが、これはタペタムが反射して光っているように見えるからである。
タペタム
関連用語: 瞬膜
【ヘーゼル】
へーぜる
ヘーゼルとは、猫の目色の一種。緑がかった黄褐色のこと。
関連用語: アイカラー アンバー カッパー
【マスカラ】
ますから
マスカラとは、まぶたの縁の黒い線のこと。アイライン・アイシャドウとも呼ばれる。
関連用語: アイライン アイシャドウ
【ラウンドシェープ(ラウンド)】
らうんどしぇーぷ(らうんど)
ラウンドシェープ(ラウンド)とは、目の形状の種類のことで、ペルシャのように、丸い形の目のこと。
関連用語: ウォルナット オーバル(オバール)
≪猫用語事典トップに戻る
【ブルズ・アイ】
ブルズ・アイ
ブルズ・アイとは、クラシック・タビーの両脇腹に見られる模様で、的状を模した柄のこと。雲形または牡蠣の模様。ターゲットマークとも呼ばれる。
関連用語: クラシックタビー
≪猫用語事典トップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

猫の動画投稿「ねこ動」
動画を投稿する
投稿動画を観る
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。