犬のクリプトコッカス症

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. アイリスペットどっとコム
  2. 犬といっしょ
  3. 犬の病気
  4. 犬の病気(感染症・ワクチン・アレルギーについて)
  5. 病名から調べる犬の病気
  6. 犬のクリプトコッカス症

病名から調べる犬の病気

犬のクリプトコッカス症

わんこ先生

クリプトコッカス症はクリプトコッカスという真菌が引き起こす人畜共通感染症です。人間とペットの距離がますます身近になり、私たちは生活を共にしているかわいい犬たちの健康管理とともに、彼らと共通の病気を持っていることも意識して考えていく必要があります。

※ただし人においては主に免疫抑制剤などを大量に服用している人に発症することが多く一般の人が発症することはほとんどありません。

原因

病原体のクリプトコッカスは真菌(カビ)の一種で自然界に広く存在し、特に鳩の糞から検出されることが知られています。感染経路は主に経吸気感染(吸い込むことによる)で、感染部位は上部気道、肺、皮膚、眼および神経など全身に広く及びます。
空気中に浮遊している少量の病原体との接触があっても通常の抵抗力(免疫力)をもった犬では発症することはなく、他の感染症の発症時に続発した二次疾患であることがほとんどです。

症状

もっとも表に現れる症状は上部気道に感染している場合で、鼻炎の症状を呈します。クシャミやどろどろとした鼻汁の排泄、鼻に特徴的な肉芽腫を形成し、腫れあがって鼻孔を閉塞するなどです。重篤なものでは下部気道に感染して肺炎を起こします。
目の周りにも肉芽腫ができやすく、目やにが目立ち、網膜炎を起こして失明することもあります。
皮膚では全身に及び、皮下に潰瘍や痂皮を伴うしこりを多く作ります。
中枢神経への感染では痙攣や麻痺、運動障害、意識障害など、多疾患との鑑別が必要になる症状を表します。

診断

病変部の細胞を染色し、顕微鏡で発見することができます。
専門の検査機関に依頼して病理検査やクリプトコッカスの抗原・抗体検査を行い確定診断をします。

治療

外科的に病理検査や支持療法(※)としての切除手術を行うこともありますが、真菌に対する特殊な抗生物質を用いた内科的治療法がメインになります。
治療・予後に関しては投薬方法や副作用など多くの問題があり困難を極めます。

(※支持療法とは病気の根本的な治療ではなく、その症状を改善するだけの治療のこと)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。