1. 第18回「ナルトとオレオのしあわせ探し」管理人 なちゅまるさん登場!〜飼い主がいない犬の一時預かりボランティア体験談〜

話題の飼い主さん登場


第18回「ナルトとオレオのしあわせ探し」管理人なちゅまるさん登場! 飼い主がいない犬の一時預かりボランティア体験談


第18回 「ナルトとオレオのしあわせ探し」管理人 なちゅまるさん登場!

 
<飼い主さん&愛犬紹介>
大阪府 なちゅまるさんとナルト、オレオ ●飼い主さん:
大阪府 なちゅまるさん
●犬歴:子供の頃から飼っているので25年ほど
●現在一緒に暮らしている愛犬:
ナルト(キャバリア、男の子、推定3歳)
オレオ (ロングコートチワワ、女の子、1歳)
●同居の家族構成:
とうちゃん(夫)、長男(小学生)、次男(幼稚園児)、ワタシ
●住居形態:一戸建て
●ブログ:ナルトとオレオのしあわせ探し
 

目次
Q. 愛犬を迎えたきっかけは?
Q. 飼い主がいない犬の一時預かりボランティアを始めたきっかけは?
Q. 多頭飼いをしてみたいと思う飼い主さんも多いようです。そんな方に、なちゅまるさんなりのアドバイスを一言。

Q. 愛犬を迎えたきっかけは?

A. <ナルト>
ナルトをウチに迎えるきっかけになったのは、一昨年に行った「動物愛護フェスタ」というイベントで、児玉小枝さんの「どうぶつたちへのレクイエム」のパネル展示を見た事です。
動物管理センターでいのちを絶たれていった動物たちの、誇り高き最後の肖像を写した写真展。「この写真を通して、ことばを持たない動物たちの声なき声が、あなたの心に届きますように・・・」という内容でした。そこで初めて捨て犬の悲しい現実を知り、捨てられたワンちゃんをウチに引き取りたいと思うようになりました。
でもウチのとうちゃんは、とても犬が苦手な人だったので、この人を説得するのが一番の難題。だって、いきなり犬を飼いたいと言われしかもそれが捨て犬なんですから・・・。
そして、なんとか説得に成功して引き取ったのがナルトです。
「ナルト」
この写真は引き取って1ヶ月以上経った頃(体重も増えてきて走れる位元気になった頃)のモノです。体重は増えてきたもののなかなか毛が生えてこず、この頃はまだしっぽとお腹がハゲハゲでした。だから当時は、毛の代りにいつも洋服を着せていました。(今は暑がりなので、ほとんど裸族ですが)

<オレオ>
とうちゃんがナルトに慣れて来て、「犬ってかわいいかも〜♪」と思いだしたのを見計らい、2匹目作戦開始!今度も捨て犬を引き取ろうと思いました。
里親掲示板などで次のワンちゃんを探しはじめたのですが、「小さい子供がいるから・・・」という理由でことごとく断られ続け、里親になるのを断念しました。
そこで、捨て犬ではなく一般家庭で生まれたチワワの赤ちゃんを引き取りました。それがオレオと言うわけです。
オレオのベイビー時代
オレオの懐かしのベイビー時代の写真です。
当時は耳が大きすぎて、垂れ耳ちゃんだったんですよ。

次のページへ≫

≪前へ 次へ≫

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。