抱っこすると痛がるようになり、脊髄空洞症と診断されました。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 抱っこすると痛がるようになり、脊髄空洞症と診断されました。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

来月1歳になるトイプードルの女の子です。体重は1.8キロです。
今年のお正月に抱っこをすると痛がるようになりました。MRI診断の結果、脊髄空洞症と診断されました。
今はイソバイトを朝晩1.8mlずつ、痛みがある時のみ痛み止めを(非ステロイド)飲ませています。
質問は2つあります。
1つ目は、主治医の先生が、とにかく安静にして過ごすようにとおっしゃいます。お散歩もダメ。オモチャもダメ。興奮させない様にクールに付き合うようにとのことです。
でもまだ遊びたい甘えたい盛りですし、お散歩も大好きなのです。このまま一生、お家でじっと生活しないといけないものでしょうか?
それと2つ目の質問ですが、イソバイトの摂取量がとても多い気がするのです。ごはんのあとに吐いてしまうことも度々です。
主治医の先生に伝えても、頑張って飲ませるようにと言われるだけです。
かれこれ1ヶ月飲ませているのですが、副作用など心配はないでしょうか?
調べても分からないことだらけで、とても不安です。よろしくお願いします。

翡翠10さん

質問の答え

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。