肛門周囲線種の手術を受け、同時に脊髄の変形症の症状が出ました。症状の進行が早くて不安です。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 肛門周囲線種の手術を受け、同時に脊髄の変形症の症状が出ました。症状の進行が早くて不安です。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

12才の柴犬です。1月末に肛門周囲線種の手術を受けました。結果は良好だったのですが同時に脊髄の変形症が出てその後、消炎鎮痛剤のみの処方で現在に至っています。でも、その鎮痛剤を飲む間隔がどんどん狭まり最近では後ろ足に力が入らないようになり、お座りの状態から立ち上がるのが困難です。歩き方もふらふらしています。
こんなに急に症状が進むものなのかと正直ショックを受けています。病院では薬とサプリメントくらいしかすることはないと言われました。それ以外に何かしてやれることがあったらお教え願いたいと思います。温めたりマッサージをしてもいいのでしょうか?また、最新の治療法などがあったらお教え下さい。よろしくお願いします。

レオノママ さん

質問の答え
  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。