ワニのように足が湾曲しているので診察してもらったところ、「成長板の早期閉鎖」と判明したのですが・・・?

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. ワニのように足が湾曲しているので診察してもらったところ、「成長板の早期閉鎖」と判明したのですが・・・?

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

はじめまして。ミニチュアダックス7ヶ月の男の子です。ペットショップで購入し4ヵ月で家に来ましたときから、歩行が変でウサギのようにピョコピョコ跳ねるような感じで、走る事が苦手でした。

6ヵ月の始め、ショップ紹介の病院で見てもらいましたが、後ろ足の骨には異常が無いが足が弱いと言われて、ビタミン剤を処方されました。

前足の指をもみじの葉のように全部開いて踏ん張って立っているのを私は「おかしいな」と思いつつ、自宅へ戻りました。

その後、いくらダックスでもワニのように足が湾曲しているのは問題があると思い、再受診して前足と肩のレントゲンを撮ってもらいました。

そうしたら、二本の骨のうち片方が成長不良であると判明しました。ネットで病名を調べると「成長板の早期閉鎖」みたいです。レントゲンを撮るときに前足を引っ張ったら痛いらしく異常に吠えたということで、肩に炎症もあると言われて、痛み止めとサプリメントを処方されて、骨を切る手術を勧められました。

近所のかかりつけ医院でその話をすると、「そういう犬は放っておいても差し支えない」と言います。
私としては、犬にとって一番良い方法を選びたいと思います。
このまま放っておいた場合は今後どういう支障が起きて来るか、手術した場合は100%支障なく歩けるのか、リスクはあるのか知りたいです。このような症例の場合は手術するのが通常の方法でしょうか? それはむずかしい手術なのでしょうか?
(のだめ さん)

質問の答え
  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。