鼠径ヘルニアと診断されました。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 鼠径ヘルニアと診断されました。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

ミニチュアダックスフンド(ロング)の5歳です。
ペットの美容院からの連絡で左後ろ脚の内側に腫瘍のようなでっぱりがあると指摘され、近くの動物病院へ連れて行きました。診察の結果、「鼠径(そけい)ヘルニア」との診断で、1時間くらいかかる動物医療センターを紹介されました。さっそく連れていったところ、診断結果はやはり「鼠径ヘルニア」との診断結果でした。今は、脂肪が飛び出している状態だが、これから先、腸などが飛び出す危険があるので、手術を勧められました。はやめに手術をしたほうが良いでしょうか。

投稿者:sachirinさん

質問の答え

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。