耳の内側が白く、ご飯も食べなかったため血液検査をしたところ、免疫介在性溶血性貧血と診断されました。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 耳の内側が白く、ご飯も食べなかったため血液検査をしたところ、免疫介在性溶血性貧血と診断されました。

犬の病気Q&A

病気、治療、ワクチン、高齢犬についての質問と回答

質問

ミニチュアダックス4歳です。1週間前、耳の内側が白く、ご飯も食べなかったため血液検査をしました。PCVが11%で免疫介在性溶血性貧血と診断されました。輸血をした直後は20%台に回復しましたが、また10%台に下がり2度目の輸血をしました。免疫抑制剤と副腎皮質ステロイド剤で入院治療中です。当初の予定では1週間の入院予定でしたが、退院日は未定です。

インターネットで調べたところ、再発すれば命に関わる病気だということですが、現在の状態でもとても心配です。

発病する6日前に9種混合ワクチンを接種しましたが、それが原因でしょうか?薬の副作用についても教えていただけますか?

投稿者:ちょこまま さん

質問の答え

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。