軟骨入り鶏団子鍋〜洋風仕立て〜

アイリス暮らし便利ナビ
  1. 軟骨入り鶏団子鍋〜洋風仕立て〜
軟骨入り鶏団子鍋
〜洋風仕立て〜(618kcal)

軟骨入り鶏団子鍋〜洋風仕立て〜

(レシピ制作・高柳公子)

材料

食材
  • ささみ挽き肉100g
  • 鶏むね軟骨50g
  • 片栗粉10g
  • うずらの卵3個
  • パセリ5g
  • 白菜50g
  • 人参20g
  • まいたけ20g
  • 木綿豆腐50g
  • 鶏レバー50g
  • 干ししいたけ1個
  • くずきり10g
  • 5g
  • 犬用低脂肪牛乳100cc
  • モッツァレラチーズ20g

※ささみ挽き肉・鶏むね軟骨・鶏レバーは、よく加熱して下さい。

作り方

  1. 鶏むね軟骨・パセリをみじん切りする。

  2. ボールに、ささみ挽き肉・片栗粉・うずらの卵・(1)を入れよく混ぜ合わせる。
    うずらの卵は、全卵を使用して下さい。

  3. 干ししいたけをぬるま湯で戻し、1口大に切る。(※戻し汁を200ccとっておく)

  4. 白菜・人参・まいたけを1口大に切る。

  5. くずきりを3〜4cmにハサミでカットし5分茹でる。

  6. 鶏レバーを茹でて1口大に切る。
  7. 鍋に(3)・(4)・(5)・(6)・1口大に丸めた(2)・モッツァレラチーズ・麩・木綿豆腐・犬用低脂肪牛乳を入れ、火にかける。野菜が柔らかくなったら、火を止めて完成。
    野菜は柔らかくなるまで煮込みましょう!
    ここでは、木綿豆腐を骨型の型で抜いています。

出来上がり

軟骨入り鶏団子鍋〜洋風仕立て〜

ワンポイント

  • 野菜は柔らかくなるまで煮込みましょう!
  • ここでは、木綿豆腐を骨型の型で抜いています。

栄養バランス

今回のレシピについて/ペットケアアドバイザー:岸先生より
体重5kgの成犬として見た場合、エネルギー的には今回のレシピ量で約2食分となります。卵、レバーなど油性ビタミンを多く摂取できる食事に仕上がっています。シニア犬にぴったりです。
対象犬種:5kg成犬と仮定(ミニチュアダックス成犬相当)
1日2回食事を取る習慣と仮定した場合の栄養バランス
今回のレシピ 総合栄養食 比率
エネルギー kcal 618 330 187.4%
粗たん白※ g 11.06 5.42 204.0%
脂質※ g 2.26 1.51 149.8%
リン/カルシウム※ 3.72 1.00 372.5%
ビタミンB1※ mg 0.16 0.03 535.0%
グラフ

※印の成分は、レシピ100gあたりの数値です。

※ビタミンB1はエネルギー代謝に不可欠です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。