アイリスペットどっとコム
アイリスペットどっとコム
ホーム犬の手作り食レシピ>高柳先生Q&A 〜なぜ、ワンコの手作りごはんを始めたの?〜

ワンコのおいしいレシピ


高柳先生Q&A 〜なぜ、ワンコの手作りごはんを始めたの?〜

高柳きみこ先生
犬のおやつ・ごはん研究家
高柳きみこ先生

★ワンコのごはんを手作りし始めたきっかけは?
・愛犬がドライフードを嫌がる
・缶詰や半生フードで下痢が続いた
我が家のポロン(パピヨン♀)は小さい頃から食が細く、市販のドッグフードはなかなか食べてくれない子でした。鶏肉を茹でてドライフードに混ぜたり、チーズやミルクと一緒にあげたり、缶詰と混ぜたり、などさまざまな工夫をしました。どれも最初は食べるのですが、食べ慣れてくると、スイカの種のようにドライフードだけ吐きだす始末…。
ぽろんとぷぅ太の食事前諦めて、缶詰だけに変更しました。缶詰は美味しそうに食べるのですが、軟便や下痢が続きました。半生タイプもあげてみたりしましたが、これもまた、吐いたり、下痢をしたりと、ポロンの体には合わなかったようです。缶詰や半生フードの添加物が原因だったのかもしれません。そこで、本や人の情報を頼りに、手作りごはんを始めたわけです。


★ごはんを手作りにしてよかったことは?
・愛犬が喜んで食べる姿を見ることが嬉しい
便の調子が良い事もうれしいですが、あれだけ食の細かったポロンが今では「今日のごはんは何?何?」というぐらいに目を輝かせて、毎日のごはんを楽しみにしているのです。
ぽろんとぷぅ太の食事中ごはんを食べ終わると、「ごちそうさまー」って私の顔を一舐めしにくるのですよ。ポロンやぷぅ太も嬉しいでしょうが、私はもっと嬉しいのです。自分が作った食事をご主人、子供、友人が「美味しい」って言ってくれた時みたいな気持ちでしょうか。


★無理なく、ワンコの手作りごはんを続けるコツは?
・人の食事と同じ食材を使って、同時に作る
・まとめて作って冷凍しておく
何も特別な物を用意する必要はありません。自分たちが食べる食材の中から、肉・魚・卵・野菜・海藻・ごはん・パスタなどそれぞれを味付けする前に少しずつ取り分け、愛犬の食事も同時に作っていくのです。時間の無いときや外食したりした時の為に、まとめて作って、1食分づつ小分けにして、冷凍庫にストックしたりもしています。


★栄養のバランスについて
・同じ物ばかり与えない
・“犬が食べてはいけない食材”、“人と犬の必要栄養素の違い”を知っておく
私達がごはんを食べる時・作る時に、毎食毎食、栄養を計算していませんよね?ですが、私達は毎回色々な食材を使い、色々な料理を食べて自然と栄養のバランスをとっているのです。1日30品目食べると体に良いと言われていますが、犬の食事にも言えると思うのです。要は、同じ物ばかり与えないという事です。私は常に、色々な食材を与えることを心がけています。一食でバランスをとるというよりは何食かでバランスをとることを考えているのです。ただし、気を付けなければならない事は、“犬が食べてはいけない食材” “人と犬の必要栄養素の違い”を知っておく事です。

※“犬が食べてはいけない食材”については「犬特集」をご覧ください。
 →犬特集「中毒と誤飲」



★これから手作りごはんをはじめる飼い主さんへのメッセージ
・愛犬の好物の食材を使って手作りすることから始めましょう
高柳先生とぽろんとぷぅ太何をあげてよいのか…栄養のバランスが…時間がない。など、難しく考えずに、まずは愛犬の喜ぶ顔を想像して作ってみてはいかがでしょうか?
犬は、食べ慣れていない物は食べなかったりするので、まずは愛犬の好物の食材を使って手作りをしてみると良いでしょう。その後の便の調子などで体調もわかるし、前に増して愛犬の健康にも気を配るようになると思います。
手作りごはんやおやつを通して、愛犬とのコミュニケーションや健康管理に役立てて頂ければと願っております。
ワンコのおいしいレシピ
アイリスペットどっとコム
アイリスペットどっとコム