子犬の頃から咬んだり威嚇を続けている犬に、自分から吠えるようになりました。

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 子犬の頃から咬んだり威嚇を続けている犬に、自分から吠えるようになりました。

犬のしつけQ&A

犬のしつけについての質問と回答

ももが子犬の頃から、ももを咬んだり、威嚇を続けている犬に、自分から吠えるようになりました。
3か月前頃から、私が覚えていない柴犬に吠えだし、だんだんと、天敵がふえてきました。
子犬の頃、5匹の柴犬に咬まれ、そのまま逃げられたケースがほとんどで、名前のわからない犬もいて、たぶんその犬に吠えているのだと思います。
3日前から、いつも、すれ違う時に歯をむいて威嚇する犬達にも、自分から吠えだしました。自宅から歩いて、20分以内の距離でやっています。

あきももままさん(東京都)のカルテレポート
愛犬の名前: もも
犬種: ラブラドールのmix
愛犬の年齢: 2才8か月
愛犬の性別: メス
去勢避妊: あり
飼育場所: 室内
家族構成: 夫、私、娘、息子、隣に義父
【今まで試したこと】
 私が相手を認識したときは、ルートを変更して会わないようにしています。
私がももと友達の犬と一緒にいて、飼い主と話をしたりして相手に気が付かない場合は、相手はルートの変更は全くしてくれないので大変でした。
自分の犬が長い間うちの犬に威嚇し続けても平気な飼い主ばかりなので、相手の協力は望めません。うちの犬にとって、散歩デビューから毎日のように威嚇されているので、相手の犬を自分から威嚇するのは当たり前だろうとも思っています。
ボール遊びを通して、マテ、フセ、おいで、もってこい、マッサージで私の足の間でおなかを上にするをやっています。
ニアミスのときに首輪、ハーネス両方にリードをつけて止めようとしますが、興奮して、吠えた後に首がしまって、げーっとやっています。
問題点の解説

  • ※アイリスプラザに移動します。
  • ※アイリスプラザに移動します。

犬のしつけQ&Aトップに戻る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。