暑さに負けるな!わんこの暑さ攻略法

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 暑さに負けるな!わんこの暑さ攻略法

暑さに負けるな!わんこの暑さ攻略法

梅雨の時期が終わると、暑い夏がやって来ます。
真夏だと日中の気温は体温より高い日も観測されるようになりました。暑さに弱い犬達にとって夏は厳しい季節です。今回は、暑い夏を少しでも快適に過ごせる、いろいろなアイデアについてご紹介します。

犬たちへの対策

長毛犬種は、ブラッシングしてアンダーコートを取り除きましょう。通気性が良くなり、皮膚病の予防にもなります。
水遊びやシャンプーでさっぱりするのも良いですが、冷水で絞ったタオルで体を拭き、サーキュレーターや扇風機の風を当ててあげるだけでも気化熱で涼しくなります。

高齢だったり、療養中で被毛のコンディションを維持できない犬の場合、毛を刈ることもありますが、健康な犬へのサマーカットを考えている場合は、動物病院で獣医師やトリマーさんと充分相談してください。

全身丸刈りは被毛による遮光、断熱効果を損ねたり、虫に刺されやすくなる、野外活動の際に皮膚を傷つけるなどの弊害もあります。どんな暑い地域でも無毛の野生動物はいません。毛皮は彼らの防護服でもあるのです。

毛皮は彼らの防護服です
やむを得ず長毛犬種をカットする場合、
丸刈りにせず、2〜3センチは残しましょう。
毛皮
丸刈りは日焼け、虫刺され、野外で
体が傷付きやすくなります。
丸刈り

お散歩も早朝か、陽が沈んで暫くしてからの時間帯にシフトしましょう。
夕方ならばアスファルトの路面を手で触り続けていられるくらいが出かけ頃です。夏場、ナイター営業のドッグランも増えています。少々気温が高くても直射日光がない分、犬への負担も少なくなります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。