1. アイリスペットどっとコム
  2. 犬といっしょ
  3. 犬の特集一覧
  4. フィラリア症に注意!

フィラリア症に注意!

犬フィラリア症(犬糸状虫症)は犬と切っても切れない厄介な病気です。
1986年、月に1回投与するタイプの薬が承認される以前はフィラリア症が不治の病として犬の平均寿命を8歳程度に抑えていました。
しかし、薬が使用されるようになってからは年を追うごとに平均寿命が延びて、現在は10歳を余裕で超えられるようになりました。
犬フィラリア症は蚊がいないと感染しない病気で、寄生される蚊にとっても生命を脅かす危険なものです。

媒介する蚊

人や動物を吸血するメスの蚊がフィラリアを媒介します。 蚊のライフサイクルは卵→幼虫(ボウフラ)→さなぎ→成虫→卵で、蚊成虫の寿命は1ヶ月程度です。 気温15℃くらいから吸血をし、活発に活動する気温帯は26〜31℃の間(22℃くらいからという意見もあり)です。

代表的なヒトスジシマカ(ヤブ蚊)は卵の状態で越冬して春に成虫が羽化し、11月頃には卵を残して死滅します。
アカイエカ、チカイエカはメスが成虫のまま越冬し、チカイエカは暖かい室内で刺すことがあります。
蚊は僅かな水たまりがあれば産卵します。家の回りをチェックしてみてください。
植木鉢やプランターの受け皿、空き缶や空き瓶、ペットボトル、古タイヤや、その他雑多な物に水が溜っていたらすぐに捨てます。側溝などの淀みも水を流して清掃します。

▲このページのTOPへ

症状から調べる犬の病気

犬用品

▲このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。