1. ご長寿犬の秘訣

ご長寿犬の秘訣

ここ数年、ワンちゃんの寿命は平均で10歳を超え、15歳を超えるワンちゃんもたくさん見られます。家族の小さな心がけが、ワンちゃんのご長寿への第一歩です。家族にもワンちゃんにも快適なシニアライフをおくる秘訣とはなにか、ご紹介します。

MARENさんちのmaren(15歳)

MARENさんちのmaren(15歳)

ろんぴーさんちのコロン(15歳)

ろんぴーさんちのコロン(15歳)

◆ご長寿犬の秘訣は・・・◆

「無理をしない・させない」ことです。
散歩の時間だから、食事の時間だから、子犬のころからの習慣だから・・・6歳を超えシニア世代になったワンちゃん達には、以前からの習慣は「体の負担になり、無理をさせてしまっていることかもしれません。大切なことは、「今」の体調、体力にあった「無理をしない、させない生活」をおくる事です。

わんこ

◆日頃の生活をちょっと見直し◆

1、散歩は、短時間を複数回

長時間歩き続けるのは、シニア世代のワンちゃんには、足腰や心臓に負担をかけてしまいます。子犬のころからの同じ散歩コース、散歩時間を続ける事はシニア世代には負担になります。散歩は短時間で複数回に切り替えましょう。その都度、散歩コースを変える事で、適度な刺激、気分転換にもなります。

散歩

2、食事も少量を複数回

年齢にあったフードに切り替えるとともに、1日量を少量ずつ、複数回にわけ、食べさせる事がおすすめです。そうすることで、内臓への負担が軽減されます。

食事

3、早寝、熟睡が一番

夜は、ゆっくり静かに眠ることができるように、ケージやベッドは、静かで、やや暗めの場所に置いてあげましょう。テレビのついたリビングや明るい部屋では、寝ている様でも気を張っているものです。眠くなったら、いつでも静かに眠れること、早めの時間から、ぐっすり眠ることは、シニア世代にはとっても大切な健康の秘訣です。

4、「シャンプー」は短時間で

シャンプーは短時間で、ドライヤーも低めの温度で手早く掛けましょう。シャンプーは想像以上にワンちゃんの体に負担をかけてしまいます。リンスインシャンプーなどを使用し、出来るだけ短時間で終わりにしましょう。 トリミングショップを利用する際は、必ず年齢を伝え、シニアである事や体調を伝え、出来るだけ短時間で終わらせてもらえるように事前に伝えましょう。食欲がない、元気がないなどの体調の変化が見られた時は、利用を見送りましょう。また、長毛種のワンちゃんは、短めなスタイルにすることで、日常のケアもスムーズになります。

5、気温の変化に気を付けて

散歩に出るときは、室内と室外の気温差がシニア世代のワンちゃんには、大きな負担になります。涼しい部屋から、蒸し熱い外へ、温かい部屋から、寒い外へなど急な気温の変化は要注意です。散歩や外出の時には、洋服を着せる事もおすすめです。体の小さなワンちゃんや、短毛種のワンちゃんは、特に気にかけてあげましょう。

洋服ワンちゃん
犬の飼育に関する知識

アイリスプラザ ワンコが喜ぶ犬グッズがいっぱい!

▲このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。