1. アイリスペットどっとコム
  2. 犬といっしょ
  3. 犬の肥満注意報!

犬の肥満注意報!

生活が便利になって快適になる一方で、人もペットも食べ過ぎや運動不足からくる肥満に悩まされています。今回は犬の肥満対策について考えてみましょう。

私の犬は太っている?痩せている?

ブルドッグのような肩幅が広くてどっしりした犬は一見、
太っているように見えますが、犬には様々な体型があり、
見た目だけでは簡単に決めつけられません。

飼い主は毎日見ているせいか、愛犬の体型に気付きにくいこともあります。
久しぶりに会ったお友達に「太ったんじゃない?」と言われて、そういえば・・・というケースもよくあります。

犬の体型

太っているか痩せているかの判断は、体重測定以外に「ボディー・コンディション・スコア(BCS)」という判定方法があり、見た目と触った感触を5段階で判定します。
BCSでのチェックポイントは肋骨と背骨、腰骨です。理想体重の10%から15%を超えてしまうと肥満と判断されます。
肥満の度合いが低い程、ダイエットも効果が早く現れ、肥満に伴う病気も防げます。図表を参考に愛犬をチェックしてみてください。

ボディー・コンディション・スコア

肥満になる理由

飼い主が原因の肥満

飼い犬は人間に管理されているので、自分の意思で好き勝手に餌を食べることが出来ません。適量を食べていれば太る筈ないのですが、「可愛いから」「美味しそうに食べるから」「これくらいいいだろう」と、おやつや人間の食べ物を与えてしまったことが積み重なり、肥満に至ってしまいます。

避妊去勢も肥満につながる場合があります。
生殖に必要な活動がなくなること、ホルモンバランスが崩れることなどがあげられますが、これも代謝に見合ったフードを与えたり、充分な運動で防ぐことができます。

同情しておやつを与え過ぎてしまう例もあります。
フードを盗み食いしたり、仲間のフードを横取りする犬もいますが、これらは飼い主の配慮で防ぐことが可能です。

中型から大型犬になると、かなりの運動量が必要になります。充分な運動ができていないと、消費されない栄養分がどんどん蓄えられてしまいます。供給と消費のバランスが崩れれば、太るのは当然のことです。

おやつの与え過ぎも問題です。犬の愛らしいおねだりに負けていませんか?人間から見て少量でも体の小さな小型犬にしてみたら、それは少量とは言えません。

同居のおじいちゃん、おばあちゃんが勝手にお菓子を与えて太らせてしまうなど、家族の協力が得られない場合もあります。
これは感情的に注意すると家庭不和を招きかねません。
検診の際に一緒に動物病院へ行ってもらい、獣医さんに説明を受けるなどして、円満に解決できるようにしましょう。

家族の協力

病気が原因の肥満

内分泌系の病気にかかると肥満状態になったり、皮膚や内臓が腫れて太っているように見えるものがあります。給餌量もきちんと管理され、適度な運動をしているのに太ってくる場合は病気の疑いがあります。
動物の診断の目安に食欲があげられますが、内分泌系の病気は食欲が落ちないので元気だと思われ、見過ごされたり、様子を見ているうちに悪化してしまうので要注意です。

クッシング症候群

水をやたら飲んだり排尿の回数や量が多くなる、毛が抜ける、食欲が旺盛になる、顔がむくんでお腹が大きくなる場合は、この病気が疑われます。放っておくと糖尿病を併発することがあります。

インスリノーマ

犬の場合、ほとんどが悪性と診断される膵臓の腫瘍です。この病気も体重の増加があったり、食欲が旺盛になるという症状を示します。
低血糖を引き起こすので神経症状(けいれん発作、虚脱、異常行動)も見られるようになります。

甲状腺機能低下症

発症がシニア世代に多いため、この病気でよく見られる症状の脱毛や皮膚の硬化、活動の鈍化が単に加齢のせいだと思われてしまい、食欲も落ちず体重も増加するため放置されやすい病気です。
甲状腺ホルモンの分泌が減って来るので、徐々に活力がなくなりますが、体が衰弱しても食欲だけは低下しないので、ただの老衰と思ったまま犬が亡くなるケースが多いです。
少しでも気になったり、おかしいと感じたら、すぐに獣医さんに診てもらってください。

▲このページのTOPへ

アイリスプラザ ワンコが喜ぶ犬グッズがいっぱい!

犬用品(アイリスプラザへ移動します。)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。