犬選び参考書

ペットWEBマガジンアイリスペットどっとコム 犬といっしょ
  1. 犬選び参考書

犬選び参考書

憧れのワンちゃんとの生活ができるようになったら…。
あなたはどんな犬種を選びますか?どのような経路で迎えいれますか?
犬をいざ飼おうと思っても、犬種も豊富で、おっとりした子もやんちゃな子も魅力的で、どの子をお家に迎えたらいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。
今回は自分に合った犬の選び方について考えてみたいと思います。

犬は犬種別に仕事をするために改良されることが多く、犬種によって得意不得意が異なります。
仕事のために運動能力が優れていたり、遠くまで聞こえるように大きな鳴き声で吠える力を持っていたりします。
そのため、犬種別の特性を知らずに見た目や流行だけで選ぶと、結果として人も犬も「こんなはずじゃなかった!」ということになりかねません。

過去にも、映画やドラマ、CM、タレントが飼っているなどの影響で人気になった犬種は多数存在します。
でも、その犬種が誰にでも簡単に飼えるかというと、そうではなく、流行の後に悲しい結末をたどった犬たちも少なくありません。

犬も人間も幸せなパートナーとなるために、どのような犬種で、どのような経路で迎えたらいいかを一緒に考えていきましょう。

外見で選ぶ

まずは大きさや毛の長さ、痩せ型か筋肉質か、洋犬か日本犬か…など、自分の好きな犬を見つけ、犬種図鑑で調べてみましょう。
例えば鼻が低い犬種は激しい運動を好まず、暑さに弱い子が多いなど、外見だけからでも犬の特徴がわかるケースは多いです。
雑種の場合は、外見がそのまま特徴につながるとは一概に言えませんが、柴犬に似た雑種は柴犬のように一途な性格の子が、ラブラドールに似た雑種はラブラドールのように明るい性格の子が多いように感じます。

外見にこだわらない場合を除き、血統書付きの犬を飼いたい場合や、自分が魅かれる特徴がある場合は、その犬種について調べておくことが大切です。

居住環境・ライフスタイルで選ぶ

気になる犬種がなんとなく定まったら、自分の居住環境やライフスタイルに合っているかどうかを調べましょう。
調べるポイントは「吠える量」「抜け毛の量」「運動量」などです。
抜け毛が多かったり吠える量が多い場合、近隣の方とトラブルになることもあります。
また、運動量が多い犬種なのにあまり散歩にいけない場合は、結果として無駄吠えにつながることも少なくありません。

吠える犬

特に大型犬を希望される場合は、小型犬と比べると食費・運動量・抜け毛量も多くなりやすいです。
また、しつけに自信がない場合、大型犬はリードを引く力が強い子も多いため、散歩をするだけで一苦労という場合も。
経済的にも、運動する時間的にも、充分な検討が必要です。

また、ペット可マンション・アパートも多くなってきましたが、犬のサイズや犬種の制限がある場合があります。
実際に小型であっても抜け毛の多い犬種や、大人しくとも見た目で威圧感を与える犬種が断わられた例もあります。
飼育する前に、管理会社に確認をしておきましょう。

家族構成で選ぶ

新しい家族を迎えいれるにあたり、現在の家族構成も重要です。
独身の場合は『犬との相性=本人との相性』となりますので、比較的好きな犬種を選べます。 ただ、必然的に犬が留守番することが多くなったり、運動する時間が少なくなったりするので、運動量が少なくても大丈夫な犬種を選ぶといいでしょう。

また、メインで面倒を見る人がお年寄りや子どもの場合は、力が弱くても扱えるサイズにしましょう。
温和であっても、大型犬は力が強いので、急な動きを制御するのは大変です。
大型犬を飼いたい場合は、きちんとしつけができるまでは体力のある大人がメインで面倒を見るなど、あらかじめ対策を考えておきましょう。

また、大型犬から超大型犬になると、怪我や病気をした時や老齢期の介護が重労働になります。医療費も体重につれて高くなりますので、犬が病気にかかった時や、高齢になった時のことも考えましょう。
犬種によっては小さい子どもと相性が悪いこともあります。小さい子どもがいる場合は、性格が穏やかな犬種を選ぶといいでしょう。
子どもの希望で飼う場合、子どもが成長するにつれて忙しくなり犬の世話をしなくなった…というのもよく聞きます。
子どもにきちんと面倒を見るようにあらかじめ約束させると同時に、子どもが忙しくなったら大人が面倒を見るという気持ちで飼育を始めましょう。

アイリスプラザ 犬用品
犬用品(アイリスプラザへ移動します。)

▲このページのTOPへ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでペットどっとコムをフォロー

犬の動画投稿「いぬ動」
動画を投稿する
動画を観る
モニター
日本クロストラスト

当サイトは 日本クロストラスト(株) の認証を受けています。